向かい合うことが大事

女性の顔と手

妊娠線とは、お腹が大きくなるスピードに、腹部の皮膚の伸びが追いつかず、へそ周りにできるひび割れのような線のことです。妊娠線は、妊娠、出産を耐え抜いた勲章であり、決して恥じるものではありません。しかし、多くの女性は妊娠線が自分の体に残っていることに対してしてネガティブな感情を抱きます。一度できた妊娠線は出産後に消すことは難しいため、妊娠線の予防をすることがとても大切です。 妊娠線予防としてメジャーなアイテムは、専用のオイルやクリームを塗ることです。多くのブランドから様々な商品が発売されています。オイルは伸びがよく、少量で広範囲に塗布することができ、また、妊娠線予防だけでなくアロマの効果で妊娠によるストレス軽減も期待できます。クリームはアロマに比べてテクスチャーが軽めなので、べたつきが気になる人はクリームの方が気にいるでしょう。

推奨されている使い方は、お風呂あがりの裸の状態で、お腹まわりを優しく撫でるようにアイテムを塗布します。使用量はアイテムごとに異なるので、取り扱い説明書をきちんと読むことが大切です。また、妊娠線予防に対する疑問や不安があれば、医師に相談することも大切です。 妊娠は体に多くの変化をもたらしますが、その一つとして、多くの女性は妊娠前よりも肌が乾燥しやすくなります。理由としては、お腹にいる子供に栄養をとられてしまうからです。そのような点からも、オイルやクリームを塗布することは大切です。ただし、乾燥によるかゆみがひどい場合は医師に相談しましょう。 妊娠、出産には大きなストレスが生じます。不必要なストレスを抱えないためにも積極的に妊娠線予防に取り組むことがオススメです。